生命保険金は相続財産か?   その1

父親A(被相続人・保険契約者・被保険者)が死亡(相続発生)

子供B(相続人・保険金受取人)が 保険金を受け取る場合。

父親A 被相続人(相続を被る人。) 保険契約者(保険契約の当事者で保険料を支払う義務がある) 被保険者(保険の対象となる人)

子供B 相続人(遺産相続の場面において,被相続人が遺した相続財産を受け継ぐことになる立場の人のこと。) 保険金受取人。

父親Aが死亡し、子供Bが 生命保険金を受け取った場合 を 考えてみる。

そもそも 子供Bが受け取った 生命保険金は 父親Aの 相続財産か?

昭和40年2月2日最高裁判所第三小法廷判決 を 見てみよう

「そして右の如く保険金受取人としてその請求権発生時の相続人たるべき個人を

指定した場合には、右請求権は、保険契約の効力発生と同時に右相続人の

固有財産となり、被保険者(兼保険契約者)の遺産より離脱しているものと

いわねばならない。然らば、他に特段の事情が認められない本件において

、右と同様の見解の下に、本件保険金請求権が右相続人の固有財産に

属し、その相続財産に属するものでない旨判示した原判決の判断は、

正当としてこれを肯認し得る。」

要は(ショートヴァージョン)「保険契約の効力が発生した時点で

生命保険金請求権(生命保険金を受け取る権利・財産権)は

被保険者(この場合、推定被相続人・父親A)から、移転している。

従って、被相続人(父親A)の遺産(相続財産)ではない。」という理解です。

ただ、「契約効力の発生時期」「課税」については 続く・・