第二部の 「同定」 という 考え方に 十代の頃 はまった のだが

また 「同定」 という 考え方を 考えてみたい。

昭和46年7月30日 第1刷発行 講談社文庫